医師求人比較ランキング

胸部外科の医師転職・求人

外科医に関する人員をまず、考えると、当然医師不足が問題視されており、事実医師の人員は不足傾向にありますから、医師自体その存在におけるニーズは非常に高く、尚且つ外科分野におけるニーズを考えると、臨床研修必修化以降から若い医師が育たない、存在しないという状況が続いていますので、外科分野における人員、その「医師の存在におけるニーズはやはり常に高い傾向」にあると言われています。

外科系の医師による転職を考えると、外科系といえども、医師によりその専門性は異なりますが、外科全般、内分泌外科、乳腺外科、いずれの場合においても、その専門性分野におけるニーズは高め傾向です。 更に、消化器外科、肛門科医師の転職の動向を詳しく見てみると、急性期の病院に関する募集状況は変わらずの横ばい状態となりますが、療養病院等というような施設においては、その医師の持つ専門性によりニーズが高くなりますし、最近は検診施設等により外科医師を求める声も非常に多く、それに伴い、やはり外科医師の転職に関するニーズは高いものと言えるのです。

又最近の傾向として、外科医師の中でも女性医師の存在が注目で、例えば乳腺外科等でいえば、マンモグラフィー読影認定医という資格を保持することにより、その採用率も高く、非常に幅広い機関で求められる事となりますし、下部内視鏡の知識、技術を持つ女性医師に対する求人も増えていますから、外科医師の中でも女性医師への求人は、非常に増えてきているという事が考えられます。

そんな胸部外科の医師の転職状況を考え、その胸部外科の職務を確認すると、主な胸部外科医師の職務は、外来、もしくは手術という事になりますが、そもそも外科分野は、その分野自体が非常に医師としても過重な労働である事は確かなので、タフさが求められる分野でもあるわけですが、若い医師による外科離れが続き、それにより3年目以降8年目の医師に対する求人が非常に多いというのが、胸部外科医師に関する求人の内容と言えるでしょう。

また、そうした関係からか、専門医であるとか、指導医の役職を求める求人を減少している状態であると言えるわけですが、そもそも外科医師による求人の内容というものは、高い技術を求められる事はもちろん、チームでの移動、極秘求人が多いという事も、この分野における求人状況と言えるでしょう。

これらを背景に、医師の転職の中には、スキルを高める事以外にも、職歴もしくは年数に応じた収入を得たいという希望を元に転職をする医師が非常に多いのも特徴と言えるでしょう。

医師の求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリアエージェント 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
医師求人のJMC 無料 全国 日本メディカルコネクション株式会社 詳細

※当サイトではリクルートグループのリクルートドクターズキャリアが1位継続中です。
※m3.comグループのエムスリーキャリアエージェントも登録者数が増えています。





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 医師求人比較ランキング All Rights Reserved.