医師求人比較ランキング

腎臓内科の医師転職・求人

腎臓内科の医師による転職として、その動向をみると、やはり高め。 そもそも腎臓内科を扱う分野と言えば、人工透析を扱い、その患者のケアという事になりますが、人工透析を必要とされる患者さんは、年々増加しており、それゆえに、依然として腎臓内科の医師に対するニーズは高まっていると考えられます。

そのため、転職支援サイト等に寄せられる腎臓内科における医師による求人は、総合病院から診療所等と多岐にわたり、中でも都市部において多いと言われているのが、人工透析専門のクリニック等があげられ、この場合、常勤医師による求人だけなく、非常勤医師への求人も非常に多い傾向にあると考えます。

ですから、腎臓内科医師への傾向として、医療機関では内科的診療のニーズが求められている上に、尚且つシャント増設等による外科的なスキルを持つ医師における評価は、非常に高くなっていくという事も考えられます。 例えば、リウマチであるとか、膠原病内科等というような細分化されている分野における専門性を活かすという場合は、その求人内容として、公的病院はもちろん、大学病院、専門病院等で勤務地も限定される事がいえるでしょう。

ですが、実際、人工透析をしなければいけない患者さんというのは、増加しており、尚且つ腎臓内科医におけるニーズが高まっている事は確かですが、現実的な問題として、原因医師数はわずか2100人程度にとどまる事からその医師の数は不足しているという事も考えられます。 求人の倍率を確認してもおよそ1・2%と高い水準である事も確かで、転職支援サイトに存在する求人における募集要項を確認しても、腎臓内科医による平均給与というものも、その内科系の診療科の中でも高め傾向であり、水準も高いものとなるのです。

つまり腎臓内科医による転職は、色々な面を考えても水準が高く期待できるものとなり、腎臓内科医への転職を検討される医師にとっても、やりがい、満足のできる医療に従事できることから、転職自体に期待できるものと考えるのです。

そもそも腎臓内科医師による転職における水準は高いとは言え、現段階では、その人員が不足し、本来であれば、今以上の腎臓内科医が必要なため、その分野への転職を果たされる医師にとっても腎臓内科医への転職は、期待できるものである事は確かです。

腎臓内科医師による転職における動向は高く、水準も高いことは確かですが、腎臓内科医師による転職、腎臓内科医への転職を果たされる場合は、医師自身野納得できる医療に従事し、医療に専念するためにも、転職における専門家が存在する転職支援サービスの利用を検討すべきと考えます。

医師の求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリアエージェント 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
医師求人のJMC 無料 全国 日本メディカルコネクション株式会社 詳細

※当サイトではリクルートグループのリクルートドクターズキャリアが1位継続中です。
※m3.comグループのエムスリーキャリアエージェントも登録者数が増えています。





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 医師求人比較ランキング All Rights Reserved.