医師求人比較ランキング

老人内科の医師転職・求人

内科医における転職ニーズは比較的高い傾向にあると言えますが、そもそも医師自体、その人員が不足されていると考えられますから、それによりどの分野の専門性のある医師でも求められる声が多い事は確かです。

例えば、老人内科の医師による転職の動向を見てみると、やはり高齢化が進んでいるという事が考えられるわけですから、幅広い医療機関からの求人が増加傾向にある事は確かです。 又転職支援サイト等を確認してみると、そこにおける老人内科医による求人募集は、やはり療養型病院であるとか、老人保健施設等があげられ、慢性疾患の診療もしくは認知症の対応というのが、老人内科医に求められているものとなります。

こうした老人内科医師への求人の他にも、精神科病院での内科求人も非常に多く見られ、こうした施設では、老年医学会専門医等の資格を持つ医師となれば、その存在価値は非常に高く、そうした「資格を持つ医師は、評価される傾向も高い」。

最近の傾向として言えるのが、老人内科へ転職される医師というのは、医師職における第一線から退のかれた後に、この老人内科医師として転職を果たし、無理なく持続的に医療活動を行うというかたも存在します。 そもそも療養型の病院は、外来が無く、病棟専従の仕事と言える事から、当直なども比較的な、もしくはほとんどない勤務体制になると思われ、それにより、こうした第一線から退かれた医師による転職者が急増している事は確かなようです。

このようなケースが比較的多い事から、働き盛りの医師による転職というより、今後は仕事も生活もゆとりのある形で医療に従事したいという医師による転職が老人内科医師としての転職、もしくは、老人内科への転職が多いと思われますが、老人内科の常勤にのニーズそのものは、全国的に非常に高いと言われており、尚且つ地方の勤務も可能になる事が考えられ、都市部などでも老人内科医における非常勤募集も多い事から、いずれにしても老人内科医におけるニーズは高め傾向である事は間違えありません。

ただし、転職支援サイト等に寄せられている老人内科医における募集要項の平均給与そのものは、他の専門分野に比べると若干低くはなりますが、南関東地区等で考えた場合は、比較的収入面でも高め傾向であると思われます。 要するに、老人内科の医師における転職ニーズは高め傾向と言えるのが事実ではありますが、医療機関により、その収入面における数字は異なる事から、転職を考える医師は、やはり自分の希望通りの老人内科医としての医療を行うためのも条件等が希望通りに出来る転職支援サイトの検討がお勧めです。

医師の求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリアエージェント 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
医師求人のJMC 無料 全国 日本メディカルコネクション株式会社 詳細

※当サイトではリクルートグループのリクルートドクターズキャリアが1位継続中です。
※m3.comグループのエムスリーキャリアエージェントも登録者数が増えています。





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 医師求人比較ランキング All Rights Reserved.