医師求人比較ランキング

病理科の医師転職・求人

病理科に医師における転職、求人の動向を調査すると、この分野における求人は非常に少ない、もしくは、あまり見当たらないというに等しい状況です。 そもそも、この病理科医師における病理解剖自体が、診療報酬がつかないものであり、それゆえに、その診療報酬の出所は?と言えば、医療機関側という事になりますから、当然、民間病院等では病理科が存在しない。

そのため、病理科がある医療機関は限られ、一定の症例が存在する医療機関という事になりますから、当然、大規模な病院となりますので、その分野における募集が殆どない傾向にあるという事なのです。 もちろん、この病理科の医師による求人が全くないか?というと、それはまた断定できず、存在する場合もあるのはあるが、その募集される人数的にも非常にごくわずかな医師だけに限られてしまう事は確かです。

又、そうした分野であるからか、もしくは、この病理科という特殊な分野であるからか、この専門職への転職を検討する場合、条件等は、自由に医師側が決めることは非常に難しい分野の職務となりますから、転職により、この病理科への転職を検討される場合は、事前にその病理科における十分な情報収集は必須です。

そもそもこの病理科医師における原因医師数というのも非常に少ない傾向にありますが、病理科自体が、殆どないという状況なので、求人も当然無いに等しい状態であり、今の段階における病理科の形として、主に非常勤での形で医師が存在することになります。 この病理科の現員医師数のおよそ2割が非常勤と言いますから、色々な意味でこの分野への転職は、難しいのかもしれません。

ちなみにこの病理科医師の収入等は、個別に相談するケースが多いようですが、年収的な平均を調査してみると、医師の平均年収並みの報酬は期待できる事となりますが、他の診療科のように、勤務条件を自由に希望出来る科ではないので、転職の際には、慎重さが重要です。 このような条件が厳しい分野への転職を検討される場合は、やはり、転職における専門家が存在し、尚且つ医師業界に特化している人材紹介会社の利用をお考えになられるべきで、そうした医師業界に特化し、医師業界を知り尽くした会社における転職サポートを利用することにより、単に希望の転職を提案するだけでなく、求人におけるすべての調査を行い、尚且つその上で、医師自体の可能性も色々な角度で提案してくれる事となりますから、医師自身の可能性を広げる、方向性をより明確にできる転職につながるのではないかと思います。

病理科の医師における転職、求人動向は、良好且つニーズも高いというものではありませんが、募集に関して言えば、存在はしていますが充足も早いとも考えられるので、その辺を踏まえ、慎重にお考えください。

医師の求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリアエージェント 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
医師求人のJMC 無料 全国 日本メディカルコネクション株式会社 詳細

※当サイトではリクルートグループのリクルートドクターズキャリアが1位継続中です。
※m3.comグループのエムスリーキャリアエージェントも登録者数が増えています。





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 医師求人比較ランキング All Rights Reserved.