医師求人比較ランキング

産婦人科の医師転職・求人

産婦人科医師による転職の状況は、その分野自体若手医師は避けてしまう傾向が強い。 それというのも、やはり以前実際に起こった産科医の基礎事実が影響していると思われますが、若手の医師には、避けるべき分野と移っているようです。 若手医師にとっては、産科医という職務、分野自体が、リスクを伴う可能性が高いという事から、この診療科は避けるべきと考えているのでしょう。

しかし、こうした若手医師における考えが、その分野での医師不足を生む事となりますから、当然、その分野に関する求人や募集は多いという事が言えます。 例えば、総合病院、もしくは産婦人科の専門病院もそうですが、クリニック等でも求職者の存在より、募集、採用人数の方が圧倒的な数字の高さになっています。

この分野は、そもそも、こうした求人事情が背景にある事から、当然その求人に関する募集要項の内容もよいものとなりますが、人気を左右する部分としては、女性医師の働きやすい環境を整えるというような事を医療機関側も検討していくべきでしょう。 もちろん、常勤医への体制を整える事も当然必要で、患者さんの層等も人気における数字を左右する事となりえます。

産婦人科の医師の転職、この分野の求人の動向を考えると、その分野における医師人口が足りていない状況となる事から、産科医師へのニーズ自体は、非常に高くなっておりますが、国立の総合病院であるとか、民間の産婦人科専門病院等、幅広い求人募集が存在する事となります。 中でも都市部における産婦人科医師へのニーズは非常に高まり、手術の対応等が可能な常勤医等は、その技術、専門性を備えている事から、非常にニーズが高くなっていると言えます。

又、国公立病院等では、ハイリスクな分娩を行うケース、扱うケースも多いと考えられますから、産科医への転職を検討しているという場合は、事前に分娩受け入れ態勢等を確認し、医師自身の希望をよく考え、検討する事が大切です。 いずれにしてもこの分野の医師不足が考えられるわけですから、当然、この分野の専門性の高い医師におけるニーズは非常に高い事が考えられます。

もちろん、転職を検討する場合も条件等は、比較的好条件で職務に当たる事が可能かとは思えますが、やはり実際産科医における起訴リスクもありえるので、検討される場合は、慎重かつ、入念な情報集めも必要であると考えます。 この分野はまた、女性医師を求める声も多く事から、医療機関側は、医師不足を解消するためにも女性医師の働きやすい環境づくりは、当然必要であると思います。

医師の求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリアエージェント 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
医師求人のJMC 無料 全国 日本メディカルコネクション株式会社 詳細

※当サイトではリクルートグループのリクルートドクターズキャリアが1位継続中です。
※m3.comグループのエムスリーキャリアエージェントも登録者数が増えています。





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師求人比較ランキング All Rights Reserved.