医師求人比較ランキング

在宅診療の医師転職・求人

在宅診療の医師転職における動向、ニーズを考えると、在宅診療医師におけるニーズは高くなり、転職、求人も非常多い状況と言えます。 そもそも国の医療政策を考えても在宅医療を推している事と言える状況ですから、訪問診療におけるニーズは、非常に高く、そのニーズは、全国的にも増えているといえます。

このような在宅診療の医師とは、在宅診療だけを行っている医療法人もしくは、在宅診療を行いながら外来や入院もある医療機関でその職務を果たす事となり、在宅診療だけを行う医療法人による在宅診療医師は、訪問診療に専念する事となりますが、在宅の診療&外来もしくは入院もある医療機関における在宅診療医師の場合は、他の医師と共にシフトを組んで、内勤&訪問診療の両方を行います。

いずれにしても、この在宅診療医師に求められるのは、経験があるか、無いかではなく、訪問診療に関する熱意があるか?という部分が非常に重要で、その部分が一番この医師における問われる部分と言われています。 要するに、訪問診療、在宅診療の医師への転職を果たされる場合、そもそも今までどの診療科にいたのか?という事は関係なく、今までの勤務が内科であるとか、外科系であるとか、関係なく、転職が可能な分野でもあります。

この場合、やはり患者さんのお宅へ訪問し、患者さんのケアをする仕事となりますから、その移動には車を要する事となり、この職務における移動も原則として車ですから、運転手が無い場合には、医師自身が運転免許を取得している事も重要となります。 この在宅診療における医師職は、そもそも当直はないというのが、原則なのですが、もちろん医師自身が担当される患者に何か問題が生じた、症状が急変した場合には、オンコールになる可能性が、ありえます。

ですから、このような事情も含め、医師自身が担当する患者の数、もしくは、施設の数により歩合制を取り入れている場もありますから、医師がこの分野における医師職へ転職をされる場合は、この条件等を交渉により自身の目的の数字にすることも可能な職種、分野とも言えます。

調査したところでは、在宅診療医師による年収は、おおよそ1500万円以上となっており、多い場合は、年収1900万円という報酬求人も存在しますから、高収入を期待できる分野での転職を考える医師のみなさんには、その選択肢として在宅診療医師という選択も検討すべきではないかと思いますが、いずれにしても転職には、交渉を代行するエージェントが存在すると、医師にとって非常に有利な転職となり得るので、医師の転職には、人材紹介会社での転職がお勧めです。

医師の求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリアエージェント 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
医師求人のJMC 無料 全国 日本メディカルコネクション株式会社 詳細

※当サイトではリクルートグループのリクルートドクターズキャリアが1位継続中です。
※m3.comグループのエムスリーキャリアエージェントも登録者数が増えています。





▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 医師求人比較ランキング All Rights Reserved.